マイナースケール

マイナースケールは変形します

基本形は、前回紹介したナチュラルマイナースケールですが、曲や場面によりハーモニックマイナースケールやメロディックマイナースケールの形に変形します。

Minor scale

Natural minor scale

基本形で、Major sclae を6番目の音(La)から並べた形と同じです。

仰々しさのない曲や、平行調としてメジャーキー曲の中にちょろっと出てくる場合は、変形せず終わることも多いです。

Harmonic minor scale

名前のとおり、和声的に力強さが欲しい場面でこの形になります。

ベースが Ⅴ ⇒ Ⅰ と進むときに強い終始感(着地感)があり、これをドミナントモーションと呼ぶのですが、ナチュラル・マイナー・スケール上の Ⅴ のベースの上に3度・5度・7度を積み上げてコードにすると、Ⅴm7 の形となり、メジャー・スケール上に出来る Ⅴ7 と比べると Ⅰ に進もうとする力が弱いものになります。

原因は Te にあります。

導音と呼ぶのですが、主音(トニック、Do)の短2度下の Ti であれば、半音上がって主音に落ち着こうとする性質が強いのですが、Te だと Do に進めなくはないけど力強さはないのです。

なので、「Do に行くぞー」と気合が入ると、マイナーキーでも自然と Te が Ti になり、マイナーキーで背景のコードが Ⅴ7 ⇒ Ⅰ となり、その Ⅴ7 のところがこの音階になることが多いです。

Melodic minor scale

こちらも Te が Ti になるので、ハーモニックマイナー同様に主音に向かおうとする力強さがありますが、Le が La に変形するインパクトにはそれ以上のものがあります。

マイナーな暗さを感じるのがキーの短3度(Me)ですが、そのマイナー感を漂わせたまま情熱的に高ぶると、Le が La になってしまう場合があります。

こちらは、Ⅰ に向かう直前の Ⅴm7 が Ⅴ7 になるだけでなく、ナチュラルマイナースケールなら Ⅳm7 になる筈のところも Ⅳ7 になって、そこもメロディックマイナーになることが多いと思います。

ちょっと突っ込んだ話をすると、キーの ♭6th(Le)は『サブドミナントマイナー』と呼ばれる性質(法則性)を持っているのですが、キーの 6th(La)だとこれが『サブドミナント』になり、和声進行上の機能性も変わってきます。

Dorian scale(おまけ)

ドリアンスケールは、メジャースケールのⅡをルートして見た形のスケールなので、メジャーキーの Ⅱm7 やマイナーキーの Ⅳm7 に登場するスケールですが…

ナチュラルマイナースケールの ♭6th(Le) を 6th(La) にしつつ、♭7th(Te) はそのままにするという、ナチュラルマイナースケールとメロディックマイナースケールを合成するような発想でもドリアンスケールになります。

メロディを歌っていると自然とそうなる場合があるというより、狙ってこの響きを出そうと意図的にそうする感じが強いですが、Ⅰm7 や Ⅰm6 のコードで使おうと思えば使えますし、メロディックマイナー色の強い曲のイントロなどに出てくる Ⅰm7 Ⅳ7 Ⅰm7 Ⅳ7 のコード進行などでも当然使えます。

器楽曲でよくやるという印象ですが、歌がメロディックマイナーになっちゃう、ちょっと熱いアニソンなんかのイントロや間奏でも出てきますね!