プロジェクトが生まれる前

10代~20代の女の子にアイドル曲を作る水沢の音楽活動は、水沢がTVアニメヒロインの声優さんのバックバンドをやっていた1991年(当時19歳~20歳)より前まで遡りますが、音楽を完全に離れていた長いブランクがあり、2013年の秋に作曲活動の再挑戦を思いつきます。

生身の女の子の曲しか作ったことがないようなセンスで、勘を取り戻すにも少し時間がかかりましたが、アイドルちっくな子達が作曲ユニットを組んでくれました。

Fairy’s Adventures 2015

そんな中、代表曲『Fairy’s Advnetues』が生まれ、この曲で活動が発展しました。

おとぎの世界観で超絶かわいいロリータボーカルと組んでいたメルヘン作曲ユニットで、「私だって初めて作曲したんだから、水沢さんも作詞してください!」と言われ、恥ずかしがり屋のボクが生まれて初めて作詞した、あり得ない曲です。

ちなみに、『Fairy』は妖精と見せかけて『御伽』という意味を込めています。

ぱすてーる 2016

メルヘン作曲ユニットの活動終了後、出会う女の子達がFairy’s Adventuresを歌いたがります。
「直接組みたい」「プロデューサーになって欲しい」そういう勢いでした。

音楽以外は、カメラとDTPとミシンをちょっと扱えるだけで、運営どころかAKBも地下アイドルさっぱりわからないので最初は拒んでいたのですが…

ボディガード役を拒めない事情が重なると、プロデューサーもマネージャーさんも拒めず…

pastale alternative 2018

2人組アイドルユニット『ぱすてーる』の、メンバーの片方が2回メンバーチェンジすると、方向性が音楽アーティスト色を強め、『アレンジャー水沢恵が率いる音楽集団』としてツインボーカル2ユニットで50分出演するようなスタイルで、水沢もライブでベースを弾くスタイルで、作曲ユニット2本立てでライブ編成に水沢が加わる2015年のスタイルに回帰しました。

『かわいい』から『かっこいいかわいい』に色がかわったので、Fairy’s Adventuresもアレンジや歌い方が『かっこいいかわいい』になりましたが、2020年までずっと看板曲でした。

てるたん 2020

プロジェクト名をそのまま名乗るメイン活動のガールズボーカルユニットに対して、弟ユニットとしてメンズユニット『てるたん』が結成されました。

しかし、メインユニットのガールズボーカルユニットとコラボする筈だったライブは全てコロナショックで吹き飛び、同じメンバーのまま新しい活動に移行出来なかったガールズボーカルユニットは解散となり、コラボは幻に終わりました。

音楽勉強会

『てるたん』は、未完成/未発表の状態でコロナショックを迎えたぶん、ほぼ最初から新型コロナを織り込んだ計画となりました。

その試みのひとつが『音楽勉強会』で、そこから広がる輪が2015年から続くプロジェクト形式の活動を継承して、pastale alternativeプロジェクトの名を背負うに相応しい実態となり、2021年へと向かいます。

2021

Please look forward to it!